ドラム初心者の練習法!手首で叩かず、音量に注意してマスターする!

Modern drum set prepared for playing background top view. Flat lay professional drum kit  before a live concert. Drummer, music band, night show, sound recording concept

Modern drum set prepared for playing background top view. Flat lay professional drum kit before a live concert. Drummer, music band, night show, sound recording concept

ドラム初心者の練習法で注意しなければならない手首で叩かないで
テンポよくドラムを叩く方法や初心者が最初にドラムで必要な練習法や
注意しないといけない方法を紹介します!

スポンサードリンク
  

ドラム初心者の練習法!手首だけで叩かないようにする

よくドラム初心者の方の中には手首だけでドラムを叩こうとしている人がいます。
確かに手首でドラムを叩くようにすれば一番早いのですが、手首だけでドラムを
叩いてしまうと手首を傷めてしまうことになってしまいますし、疲れやすく
なってしまったり安定性がでなかったりすることもあります。

手首を活用すれば、速いテンポの曲でも叩くことはできるようになるのですが、
ドラム初心者に必要なのはスピードではなく安定性です。

ですので、ドラムを叩くときの注意点として、ドラムは腕全体、体全体で叩く
ようにしたほうが安定性も出てきますし、パワーのあるドラムを叩くことが
できるようになるのです。

ドラムを叩く際には、ハイハットは腕全体で叩くようにしてみてください。

このようにして手首だけ動かすという癖をつけずに腕全体でドラムを叩くクセを
身に付けるようにしてください。

手首はそれほど力をいれず、肩や肘などを動かすようにしてリズム良く叩くこと
ができるようになれば、安定性とパワーを兼ね備えたリズムを刻むことができる
ようになるでしょう。

今まで、手首だけを意識して練習をしていた人はなかなかクセがとれないかも
しれませんが、これはドラム上達法として必要となりますので修正をするよう
にしてください。

ドラム初心者の練習方法 最初はゆっくり叩こう

ドラム初心者の方だけに限った話ではないのですが、ドラムの練習をするとき
には最初はゆっくり叩くことから始めるようにしてください。

特にドラム初心者の方の場合は、足と手を動かすのが難しいと思います。

スポンサードリンク

ですので、最初はゆっくり叩くようにして、動作を確認しながら少しずつ身体
に覚えさせるようにしながらドラムに慣れるようにしましょう。

ゆっくりと叩くようにすれば、混乱をすることはありません。

テンポが速いから難しいように思えてしまいますし、失敗してしまったり思った
ように叩くことができないのです。

じれったいように思えるかもしれませんが、ドラムをずっと続けていきたいので
あれば、ゆっくりと叩いてドラムの基礎的な部分を身に付けるようにしなくては
なりません。

また、ドラム初心者が速いテンポで叩くと腰を痛めてしまう原因になってしまい
ますので、少しずつテンポを上げるようにして腰に負担をかけさせないように
しなくてはなりません。

また一つのジャンルのドラムだけではなく、ロックやジャズ、ポップなどと
いった色々なジャンルのドラムの練習をするようにしておけばアレンジなどを
することもできるようになりますのでお勧めです。

このようにして、ドラムの実力を養うようにしましょう。

ドラム初心者は音量に注意して練習する!

実際にドラムを叩くときに注意したいこととして、音量に注意しなくては
ならないという点が挙げられます。

ドラムというのは意外と音が大きいですので、音に弱い人は耳を悪くして
しまうこともありますし、ヘッドホンをしてドラムを多々位置得たら中耳炎
になることもありますので注意をするようにしましょう。

もしも、ドラムを叩きだして耳鳴りが出だしたという人は、注意をするよう
にしなくてはなりません。

ドラムの音が大きすぎて難聴になってしまうというケースもありますので、
音量は気を付けるようにしましょう。

ですので、耳を休めるために無音な場所に移動をしたり、耳栓をしてドラムを
叩くなどの工夫をするようにしたほうが良いでしょう。

難聴になってしまうと、ドラムのリズムを取るのも難しくなりますし、私生活
にも支障が出てしまうことがありますので音量はきちんとコントロールする
ようにしてくださいね。

ドラム練習をする際に耳栓をするときには、耳栓の用法はきちんと守るよう
にして耳を傷つけないように注意をしましょう。

また、一人で練習をする際には消音パットなどを活用して音が出ないように
工夫をするなどといった方法も活用したほうが良いかもしれません。

このような方法を利用しながらのドラム練習方法をお勧めします。

まとめ

初心者の方は、最初にドラムを強く叩いたり、ヘッドフォンをせずに
練習するので手首を痛めたり、難聴になったりする可能性もあります。
十分注意して練習しましょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です