自転車ダイエットで痩せる自転車やメタボによい距離、乗り方を紹介!

Fotolia_79374814_XS

自転車ダイエットで痩せることに取りくんでいるサラリーマンや中年男性が
最近増えていると思います。
やはり年を取り体脂肪が気になりお腹が出てくると
かっこ悪いですよね!自転車はダイエットだけでなく体力増強にもいいようです。
ここでは通勤でも使える自転車ダイエットのお腹をへっこませる時間、距離、
乗り方、姿勢について紹介します。

スポンサードリンク
  

なぜ自転車でダイエットをして痩せれるのか?どんな自転車がいいの?

自転車ダイエットでなぜ痩せるのでしょうか?

自転車に乗ってこぐと下半身の筋肉を使います。この下半身の筋肉は、
全筋肉の70%を占めています。自転車をこぐことでこの下半身の大きな
筋肉を使うので体のエネルギー消費量が大きくダイエットにも良いと
されています。

自転車ダイエットは、無理をしなければ腰や膝か痛い人でも取り組むことが
できるので、安心してダイエットに取り組むことができます。

自転車ダイエットは、体内に蓄積されている脂肪を効率的に燃焼させたい
と考えてる中年男性やメタボで悩んでいる人にとってちょうどいい運動だ
言えるでしょう!

まずは、最初に無理せず20分続けることから始めればいいでしょう!

ジョギングや水泳をいきなり20分だと続けられませんが、自転車なら
それほど苦にならず継続できるはずです。

自転車ダイエットに適した自転車は?

自転車ダイエットに使用する自転車は、どんな自転車がいいのか?
と思う方もいるでしょう!

その答えは・・・

今ある自転車が変速ギア付きのママチャリならまずはそれでも十分です。

自転車ダイエットに慣れてもっと早く、もっと距離を伸ばしたいと思うなら
ロードバイクやクロスバイクを視野に入れていけばいいと思います。

自転車ダイエットでお腹をへっこませる距離と時間

自転車ダイエットするとして、どれくらいの距離を走る必要があるのか?
また、何分、何時間走ればいいのか?初めての方は悩みますよね!

ここでは、簡単な目安を教えますね!

自転車は、ジョギングに比べると運動量が少ない方なのですが、カロリー
を消費できるだけでなく基礎代謝も上がるのが最大のメリットです。

なので基本的には、最初は、時間は体力に無理のない状況で20分こげる
状態を日常で作り、継続していくことをおすすめします。

そして徐々に慣れてくると20分という時間から距離にしていくといいと思います。

スクリーンショット 2016-08-20 15.46.42

平日は、1日20kmー30km  週末休みは、35km以上という感じで
自分の体力と相談して目標を持って続けていくことをおすすめします。

会社員なら自転車で通勤すると早く痩せてダイエットできるでしょう!

いずれにしても継続がすべてです。雨や風が強い日は、自転車ダイエットを
やめましょう!ストレスになると辞めてしまう理由になるので無理は禁物です。

自転車ダイエットで痩せる乗り方、姿勢とは?

自転車の正しい乗り方と姿勢は、自転車の点検時に行います。

①空気圧をチェック。ママチャリなら500kpaを目途に。
②ペダル位置が最下点で、膝が少々曲がる位置にサドルを調整。
③チェーンオイルを十分に吹き付け、チェーンの掃除も行って下さい。
④灯火類がきちんと点灯する事を確認。

自転車ダイエットで痩せる乗り方、姿勢で重要なのは②のサドル位置です。
なぜかといいますとサドル位置が低いと脚に無理な力が掛かりやすいので
足が太くなる原因になります。

そして変速ギアのある自転車なら、一番軽いギアで回すことを心がけましょう!
そうすることで、間違った負荷がかからずに自転車ダイエットができます。

スポンサードリンク

まとめ

自転車ダイエットをやる人は、近年増えています。
これは、ロードバイクやクロスバイクに乗っている姿がかっこいいという
イメージもあるからだと思います。形から入る方が長続きできそうで
あれば出費を覚悟して購入してみるのもありです。

また、自転車ダイエットをママチャリでできないのか?と考えている人も
割といるようです。変速ギア付きのママチャリなら自転車ダイエットは可能
なので、ぜひやってほしいと思います。
ようは、スピードが速いかどうかだけなのでママチャリでもできます!

最後に近年、自転車を乗る人の人口が増えて交通事故が増えています。
通勤に自転車を使うのは大いに結構ですが、加害者にならないように
十分に歩行者や他の自転車に注意して自転車に乗ってくださいね!

できれば自転車保険にも入っておくこともおすすめします!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です