七五三2016年の時期、写真はいつ?お母さんの服、内祝いお返し!

スクリーンショット 2016-08-08 17.35.12
簡単に七五三の由来を説明いたします。

七五三は、平安時代頃にあった以下の儀式が元となっているようです。
「髪置きの祝い」
男女ともに数え年の三歳で短くしていた髪を、大人になるための準備として
初めて伸ばす儀式です。

「袴着の祝い」
男の子五歳で初めて袴をはく儀式です。

「帯解きの祝い」
女の子七歳で着物の付けひもから帯を初めて締める儀式です。

スポンサードリンク
  

七五三2016年の時期、写真撮影はいつ?

2016年の七五三は、11月15日(火、先勝)となっています。

よく七五三は、上記の日付以外じゃないとダメなのか?という相談を
される方がいますが、実際は、11月前後ならいつでも大丈夫です。
七五三が行われる神社なら10月位から受付ています。

そして2016年の七五三で混む時期は、11月15日と以下の日付です。

11月13日(日、大安)、11月19日(日、大安)

大安吉日、しかも日曜日は、混雑は必至ですね!

もし、あまり縁起とかにこだわらないのなら以下の日付がおすすめです。
11月3日(木、祝日、先勝)、11月5日(土、先負)、
11月23日(水、祝日、先負)

さらに平日OKの方なら以下の大安の日がおすすめ!
11月1日(火、大安)、11月7日(月、大安)

ぜひ2016年の七五三をいつ行くのか?参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

また、近年、写真だけ撮って欲しいという家族も増えているようです。
七五三の写真は、10月、11月の時期さえ外さなければいつ撮っても
基本的に大丈夫だと思います。

写真撮影だとおそらくスタジオや写真館になるかと思います。
近年ならスタジオアリスなんかが初めてご利用のお客さんに七五三向けの
キャンペーンをしているので利用するとお得だそうです。

七五三の内祝いお返しはどうすればいいの!

初めての七五三でお母さんとして困るのが内祝いのお返しだと思います。

ここでは、簡単に内祝いのお返しの作法を紹介しますね!

・おのしの表書きは、「内祝い」または「七五三内祝い」

・お返しの時期は、内輪の祝宴に招く人は当日の会食で、
 招かない人へは一週間以内に「内祝」を贈りましょう!

・贈り物の場合は、デパートで、いただいた金額の半分くらいの値段の品物を
 手配してメッセージと一緒に送るといいでしょう!

内祝いは、お返しの品物を送った場合は、こちらから送りましたと一言連絡
する方がいい場合があるので忘れずに先方に連絡しましょう!

七五三のお母さんの服装はどんな感じでいいの!

七五三のお母さんの服装は、初めての場合は、気になりますね!
でも基本的には、そんなに大げさにこだわる必要はありません。

七五三の服装は、基本的にスーツかワンピースで大丈夫です。
もし着物を着ることができるならそれも大丈夫です。

もし、お手持ちのワンピースがあればそれで大丈夫です。
それよりもお子さんの服装に力を尽くしてあげましょうね!

まとめ

初めての七五三は、お母さんとしても大変ドキドキするかもしれません!
でも上記の内容をおさえていけば基本的なことは大丈夫なので、
ぜひ参考にされてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です