歌が上手くなる発音方法、音程、大きな口を開けて歌わない歌い方とは?

スクリーンショット 2014-12-16 20.03.13
歌をカラオケで上手く歌うためにあることに気をつけて発音すると
歌が上手くなる発音方法や音程の取り方大きな口を開けて歌わなくても
上手く歌える方法などを紹介します。
これを知っているか知らないかで大きく違うので必見です。

スポンサードリンク
  

歌が上手くなる「い」と「に」の発音に気を付けて歌おう!

歌を上手に歌うためには、発音というのも重要な要素の一つとなってきます。
発音が悪くボソボソとした感じでうたっていると、どうしても下手に聞こえて
しまいます。そこで是非チャレンジしてもらいたい発声方法があります。

「い」と「に」の発音に注意しながら歌う事でも、かなり歌が上手になって
くるのを御存じでしたか?

自分が歌いたいと思った曲の歌詞にある「い」「に」に注意して発音して
歌ってみてください。

それだけを注意する事で、発音がこもらずに綺麗に聴こえるのです。

自分が歌う歌詞をひらがなで書き出して、「い」「に」の箇所に印をつけて
意識して歌いましょう。

最初はとても歌いにくいと思いますが、慣れてくると自然に「い」「に」を
きれいに発音して歌う事ができるようになります。

そうなれば、他のいろいろな歌を歌っても同じようにきれいな発音で歌う
事が出来るようになるでしょう。

よく割り箸を挟みながら発声練習をすると、歌が上手くなるというのを
聞いた事があるかと思います。

この割り箸を挟む練習というのは、発音を籠らせないために行うので、
つまり「い」「に」を発音している時というのは、割り箸を挟んでいる状態と
同じなのです。

何でも基礎をしっかり身に付けてマスターする事が大切であるという事を
頭に入れておきましょう。

歌が上手くなる無理のない音程で歌おう!

歌う上で音程を外さないようにすることは最も重要な事といえるでしょう。
また、音程を外してしまうと「音痴」と思われてしまいます。

歌を上手に歌いたいと思うなら、正しい音程で歌う事を心がけてください。
自分の好きな歌を歌っている時やテンポの早い曲などの時には、気分も
のってしまい音程が外れやすくなってしまいます。

歌を上手に歌う為には、冷静な状態でしっかり音を聞きながら歌うように
してください。

スポンサードリンク

そして、発声をしっかりすることで気持ちを込めて歌を歌う事ができるので、
周りの人たちも引き込まれるでしょう。

音程がはずれやすいと思っている人に活用してもらいたいのが「エコー」です。

エコーを上手に使う事によって少しの音程のズレはカバーできるからです。
また、声が広がって聞こえるので上手に聞こえるでしょう。

無理をしてテンポの早い曲を歌うのも、音程が外れる原因になってしまいます。
自分が歌いやすいリズムの曲を選んで歌うようにしてください。

早いリズムに合わせて歌おうと焦ってしまう事で、丁寧に歌えなくなるので
音程も外れてしまうからです。

他にも、曲の流れをきちんとつかむことも大切です。

曲の流れを掴んでいれば歌いやすいのはもちろんですが、頭の中でCDと一緒に
歌っているようなものなので、音程がズレることも防いでくれます。

・歌を上手く歌う為には口を大きくあける必要はない?

歌を歌う時には口は大きく開けて歌うという事は当たり前だと思っていませんか?
小さな頃から音楽の先生にも「口を大きく開けて!!」と言われてきたのですから、
無理もありません。

しかし、口を大きく開けて歌っていても、喉の奥が開いていなくては、
声が出ることはありませんので、意味のない事といえます。

また、口を開ける事だけに集中してしまうと、顔の筋肉や顎、舌に力が
入りすぎてしまうので逆効果なのです。

喉がきちんと開いていれば、口はリラックスした自然な状態で十分でしょう。
まず、リラックスした状態で口を開いて「アイウエオ」を言ってみてください。

自分でどの程度の口の開き具合でハッキリ発音ができるのかというポイント
を探す必要があります。

その際、喉を開いて声を出す事だけを意識して、口を開ける事は意識
しなくて大丈夫です。

なかなか上手にできないという人は、自分が外国人になった気持ちに
なりましょう。

つまり、外国人になって目でしゃべるようにして歌うのです。

目で語りかけるように歌えば、口を開ける事に意識せずに済むため
自然な口の開き具合を知る事ができるでしょう。

また、はっきりとした発声になってしまうと、息継ぎの際に歌の流れを
止めてしまうので、うまく聞こえない原因にもなってしまいます。

まとめ

学校の音楽の時間に大きく口を開けて歌う癖をつけてしまった人は
ぜひリラックスして歌うことを心がけましょう!カラオケで歌が苦手だと
思っている人の大半は、体がこわばっており、喉も固くなっている感じ
なので注意してくださいね!

マイクの持ち方で歌が上手くなる方法はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です