グルテンフリーダイエットのやり方、痩せない、食べて良いものとは?

スクリーンショット 2016-07-27 21.31.27
秋は食べ過ぎによる太り過ぎ、夏に向けてのダイエットで最近人気の
高いダイエットにグルテンフリーダイエットがあります。
テレビやモデル、芸能人が実践して話題になってますね!
でも本当の意味でグルテンフリーに関してちゃんと伝えているものは
意外と少ないのでは?ここでは正しいやり方やなぜ痩せないのか?
食べない方が良いものなどを紹介します。

スポンサードリンク
  

グルテンフリーダイエットの正しいやり方とは?

グルテンフリーダイエットは、パンやうどんなどの小麦や大麦、ライ麦
オート麦を取らないダイエット方法です。

スクリーンショット 2016-07-27 21.33.20

グルテンは、通常私達の食物に弾力や粘り気を出す働きがありますが、
うどんにコシや膨らみがあるのも、このグルテンの作用によるもの
なのです。

基本的には、麦が含まれているものは、さけることから始めましょう!
グルテンフリーダイエットを1ヶ月くらい継続していると体重が落ちる
だけでなくお肌の調子や体の調子が良くなるようです。

また、食欲をコントロールできるようになります。
以前は、何かを食べたいと思うと食べていた人が自制できるように
なるそうです。

これがダイエットに良いのではないかと思います。

グルテンフリーダイエットでなぜ痩せないのか?

グルテンフリーダイエットをなぜ痩せないのか?

それは、グルテンフリーダイエットが、アレルギーの人向けの食事の
ために発展したダイエットだからです。

グルテンは、食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、人によって
は腸が悪くなる恐れがあるといわれています。

スポンサードリンク

また、重くなると小腸に炎症が起こり、体に必要な食べ物の栄養分を
吸収することができない「セリアック病」が起こる危険性もあります。

なのでグルテンフリーダイエットは、本来ダイエットではなく
アレルギー対策だったということです。

ただ、アレルギーに関係のない人がやってみたら体の調子が良いという
事例があったことから広がったようです。

そこからハリウッドセレブや芸能人に広がって行ったんでは?と
推測できます。

グルテンフリーダイエットの食べない方が良い食品とは?

グルテンは、本来パンやうどん、パスタ、シリアルやクラッカー、そうめんにも
含まれております。

グルテンフリーダイエットは、アメリカがメインで発展しています。
アメリカのグルテンは、遺伝子操作された小麦が70年代から生産されており
これが、依存性のある成分を含んでいると言われています。

同じ小麦でもヨーロッパさんは問題ないようです。

以下は、グルテンフリーダイエットで食べない方が良い食品です。

パン、うどん、中華麺、菓子、パスタ、デュラム・セモリナ、クスクス、
ビール、そうめん、マカロニ、麩、ワンタンの皮、餃子、シュウマイ、
春巻き、中華饅頭、てんぷらの衣、フライの衣、フリッターの衣、
フライドポテト、練り製品のつなぎ(かにかまぼこ、ハンバーグ、ソーセージ)
、調味料やルー(カレールー、シチュールー、ホワイトソース、ソース、
ケチャップ、ドレッシング、醤油など)

麦芽エキス、麦茶、ビール、ビールテイスト飲料、麦芽粉末の入った
甘味料のコーヒー・ココア、還元麦芽糖水あめ、ライ麦パンなど

注)上記の食品の全てにグルテンが含まれるわけではありません。
含まれる可能性が高いものです。

まとめ

私もグルテンフリーダイエットを実践していますが、基本的に朝と夜は
グルテンフリーダイエットを行なっています。これだけでも、便通も
良くなり、体の調子も良くなりました。体重も3kgほど落ちました。
夜は、炭水化物を減らしながらグルテンフリーダイエットを実践して
います。まあ今の食事がグルテン中心の方は、3週間くらいやってみて
ください違いがわかると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です