時代祭2016年の見所、有料観覧席のおすすめ場所、撮影ポイント紹介!

スクリーンショット 2016-07-19 14.54.07
時代祭は、2016年も10月22日に行われます。 (雨天順延)
時代祭は、葵祭および祇園祭と並ぶ、京都三大祭の1つです。

時代祭は、明治28年、平安遷都1100年を記念して平安神宮の創建と
共に時代祭をはじめたのがおこりです。
参加人数はなんと2000名にもなり、約2Kmにもおよぶ行列が圧巻です。

明治維新の時代の衣装から平安時代の衣装まで史実に基づき忠実に
再現された衣装の数々は、見るものに日本の歴史絵巻を思い出させます。

因みに10月22日が桓武天皇入洛の日だそうです。

スポンサードリンク
  

時代祭2016年の見所を紹介します!

時代祭2016年の見所は、何と言っても衣装につきます。
衣装や道具に数十億円かかっていると言われています。

明治維新の維新から徳川時代、豊臣時代(安土桃山)、織田時代、
藤原時代、平安時代延暦時代まで様々な衣装が見れます。

明治維新は、坂本龍馬や桂小五郎の衣装、織田時代は、織田信長が
上洛の際の衣装、平安時代は、小野小町や紫式部、清少納言、源義経

の母である常盤御前などなど各時代を代表する人物に扮して京都御所
から平安神宮まで2000人と60頭以上の牛馬の行列が練り歩く様は、
まさに圧巻です。

(時代祭2015年の動画)

この衣装は、衣装だけでなく持ち物、履物まで専門家による時代考証に
基づき、各時代の衣装を忠実に復元しています。もちろん人物の髪型や化粧、
着付けまでも当時の時代のままに復元。

時代祭は、1000年間も都であった京都であるからできる祭だといえるでしょう!

そしてぜひ見て欲しい衣装は、楠木正成公の甲冑です。
なぜなら非常に高価な衣装だからです。数千万円するそうです。

スクリーンショット 2016-07-19 14.56.00

そして値段の話が出てしまいまたが、衣装の他に高価なものは、牛車です。
当時と同じ材料と技術で復元しています。ぜひ見ておきましょう!

スクリーンショット 2016-07-19 14.52.30

スポンサードリンク

時代祭2016年の有料観覧席のおすすめ場所は?

今年の時代祭は、2016年10月22日は、土曜日なので混雑が予想されます。
なのでゆっくり時代祭を観覧したい方は、有料観覧席がおすすめです。

有料観覧席は、3つの場所に設営されています。

京都御苑 (正午頃)
御池通 (午後1時頃)
平安神宮道 (午後2時20分頃)

この3つの中でズバリおすすめの場所は、京都御苑です。

なぜかと言いますと時代祭は、全部で2時間以上かかる行列です。
行列に参加されている方も人ですから時間が経てば経つほど疲れます。
そうなんです、ゴールである平安神宮にさしかかるとダラダラ歩いている人
や化粧が落ちかかっている人も見かけるのです。

なのでスタートである京都御苑なら緊張感もありますし、参列者も疲れて
いないので京都御苑の有料観覧席がおすすめとなります。

・時代祭 有料観覧席概要

料金:1席 2,050円 (全席指定・パンフレット付 )
発売日:2016年8月23日よりコンビニや旅行会社で販売
設置場所:京都御苑 (正午頃)、御池通 (午後1時頃)、平安神宮道 (午後2時20分頃)
京都市観光協会 TEL:075-213-1717
チケットに関するネットでの情報はこちら(京都市観光協会)

時代祭2016年の撮影ポイントを紹介!

有料観覧席なら写真撮影も問題ありませんね。でも有料観覧席ではなく時代祭を
有料観覧席からではなく見物したい方に撮影ポイントを含めて紹介します。

いきなり時代祭の穴場撮影スポットを紹介します。
それは、京都御苑です。

しかも京都御苑から出発する12時の1時間前くらいに京都御苑に行きましょう!
1時間前ならおそらく京都御苑に入れるのでそこに参列者が衣装を着て待機してます。
お願いして撮影させてもいましょう!

スクリーンショット 2016-07-19 14.54.41

次に穴場というわけではありませんが、
時代祭が始まって割と人が少なくてアップの撮影が撮れるのが丸太町通です。
また、烏丸通、三条通の東側も人がまばらなので撮影に向いているでしょう!

そして最後に京都御苑の中と京都御苑の門前あたりのベストポジションで
撮影したい場合は、やはり3時間前に場所を陣取る必要があります。

時代祭のコースは、以下のコースを通ります。(コース地図)
撮影の参考にしてください。

スクリーンショット 2016-07-19 12.59.06

京都御所建礼門前出発 (12:00) → 堺町御門 (12:15) → 烏丸丸太町
(12:30) → 烏丸御池 (12:50) → 河原町御池 (13:20) → 河原町三条
(13:30) → 三条大橋 (13:40) → 三条神宮道 (14:10) → 平安神宮
(14:30)

まとめ

時代祭は、衣装から時代背景がかいま見えるので歴史や大河ドラマが
好きな人にとっては最高のお祭りです。
またこの時期は、秋の京都も満喫できます。まとまったお休みをとって
ぜひ行ってはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です