歌が上手くなるミックスボイス、中音域、低音域の歌い方徹底練習法!

歌の練習をしている女の子
歌が上手くなるには、声域を練習する方法が必要です。

では、声域を広げる為には、どうすればよいと思いますか?
やはり、ボイストレーニングを行うしかないでしょう。

声には、ミックスボイス(高音域)、低音域と中音域の3つに分けられます。

日常で話している声は低音域になります。
そして、歌を歌っている時の声は中音域になります。

このようにミックスボイス(高音域)、中音域、低音域の3つの歌い方の
練習方法をマスターして、ぜひカラオケデートや婚活で女性の前でカッコ
よくビシッと決めちゃいましょう!

スポンサードリンク
  

歌が上手くなるミックスボイスの歌い方練習方法

ミックスボイスを上手に使いこなす事ができれば、きっと歌を上手に歌える
ようになるはずです。

ミックスボイスというのは、本当であれば裏声で歌うところを地声とほぼ同じ
声質で保つ声の事で、高音域での発声方法になります。

ですから、低音域の場合はミックスボイスでは出すことは不可能でしょう。
通常であれば、高音域に入って裏声に代わる為、聴いている側も分かります。

しかし、ミックスボイスを習得すれば、声の切り替わりが分からないので
とても自然で綺麗に聴くことができるのです。

ミックスボイスというのは、どのようにすればでるようになるのでしょうか?

まず、次のどの音が来るのか?というのを把握しておかなくてはいけません。
そして喉に力をいれずに、最初は小さな声からでもよいので出してみましょう。

喉に力を入れて歌ってしまうと声が裏声でないと出ない状態になります。
コツさえつかめば自然にミックスボイスを使う事ができるはずです。

ただミックスボイスの場合、声量が落ちてしまうかもしれませんが、
腹筋を鍛えて腹式呼吸をしっかり行う事が出来れば声量もアップしていくはずです。

そして、歌の練習を繰り返す事でしょう。つまり喉に慣れさせるという事なのです。

高音域に入る時に、初めは明らかに裏声に切り替えていたとしても、
歌の練習を重ねていく事で自然に高音域が歌えるようになります。

ミックスボイスを習得すれば、歌がとても楽に歌えますし、声量も増してくるので、
練習をして自然に出来るようになりたいものです。

歌が上手くなる低音域の歌い方練習方法

ここでは、低音域を広げるトレーニングについてご紹介したいと思います。

低音域の発声というのは、女性は出しやすい音域でもあります。

トレーニング方法として、まず共鳴をすることから始めましょう。

・胸に手を当てましょう。
・胸に手を当てた状態で、発声してみてください。
・声を出した時に胸で響く場所を探しましょう。
・音程を少しずつ下げていってみてください。
・声がでず息のみになった状態を捉えておきましょう。
・半音のみ声を上げて発声してみましょう。
・胸に当てた手で一番低い音を出した時に感じた感覚を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

次に、行うトレーニングです。

「ド・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ」を「ラララララ」と「ゲゲゲゲゲ」で出してください。

※その時通常の話し声の高さから徐々に下げていくようにしてください。
以上の流れを繰り返して行ってみてください。

このトレーニングを行えば低音域を上手にコントロールして出すことが
できるので、低い音の曲でも音程がズレずに歌が上手に歌えるでしょう。

一つ注意してもらいたいのは、低い音を出そうとするときに、
ため息のような声になってしまう人もいます。

このようになってしまうと、響かなくなるので、ため息のような声に
ならないように、はっきりとした声を出すようにしてください。

息をいきなり強く吐き出しながら歌うと、ため息のような声になるので
注意しましょう。

歌が上手くなる中音域の歌い方練習方法

声域を広げることが、歌を上手く歌う為には必要という事をお話ししました。
声には低音域と中音域、高音域の3つがあります。

ここでは、中音域を広げるトレーニングについてご紹介したいと思います。

歌を歌う時には、中音域で歌っているのがほとんどといってよいでしょう。

つまり、最も安心してしまっている音域でもあるのです。

中音域の場合、人それぞれの癖というものがありますが、発声をキチンとする
事は共通していえることでしょう。

中音域を上手に出す為には、響き方と息の出し方が、とても重要になってきます。

響かせることばかりに気を取られていると高音域に入った途端、声が割れて
しまったようになります。

逆に息の吐き出し方ばかりに気を取られていると、高音域の時に声がこもって
しまいます。

中音域のトレーニングは、微妙な音程にも対応できるようにするという事です。

piano-553587_640

「ファファ#ファ」と「ファファ#ソ」をピアノの鍵盤で弾いてみてください。

次に、鍵盤に合わせて一緒に声を出して歌ってみましょう。

その時の発音は、自分の好きな形で大丈夫です。

微妙な音程ですが、正確に出そうと思うと意外にも難しいと感じる事でしょう。

このボイストレーニングを繰り返し行ってみましょう。

また、中音域を綺麗に聴かせるためには、ハッキリとした発音をするように
心がけましょう。

歌のほとんどは中音域ですから、中音域をいい加減に歌ってしまうと
台無しになってしまいますから注意して歌いましょう。

まとめ

ミックスボイスのような高音域や低音域の歌が上手になる練習方法は
けっこう紹介されていると思いますが、中音域の重要性を説いているのは
少ないのではないかと思います。
なのでミックスボイスや低音域の声域をボイトレするのはかっこいいですが
しかし、歌のほとんどは、中音域が占めているということを忘れないで
練習していきましょうね!

こちらの記事では、歌がうまくなる腹筋を紹介してます参考に!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です