ビブラードのかけ方、横隔膜を使って、歌手のマネを意識した練習方法!

singer-84874_640
ビブラードを上手に使うとカラオケでめちゃくちゃ上手に聞こえますよね!
ここでは力むとうまくいかないビブラードのかけ方や練習方法を教えます。
デートや婚活、ハロウィン、クリスマス、結婚式の2次会、会社の飲み会
でもカラオケは必須なのでビブラードのコツを覚えてヒーローになりましょう!

スポンサードリンク
  

ビブラードは横隔膜を使ってかける練習方法を教えます!

ビブラートを使って歌を歌うことが出来れば、とても上手に聴こえると思いませんか?
ここでは、誰でもできるビブラートの練習方法についてご紹介したいと思います。
ビブラードを練習してマスターすればカラオケでもカッコいいですよ!
ここでは、ビブラートで歌が上手く歌えるコツを紹介します。

ビブラートの練習方法にも色々ありますが、横隔膜を使って行う練習方法があります。

横隔膜を使うと聞くと、横隔膜を動かすって簡単に出来るの?と思うでしょう。
横隔膜を動かすという事は限界があります。

横隔膜を動かす練習方法というのは、喉の力を抜いた発声方法を
行うという事なのです。

喉の力を抜いた発声方法をマスターする事によって、空気の流れが
自然になるので、ビブラートをかけることが可能になるのです。

練習方法としては、とにかく喉に負担のかからない発生を心がける事です。

1.息が途切れるまで声を出しつづけましょう。
2.腹筋に力を入れてお腹で息を支えるようにしてください。
3.声を喉に伝えるというよりも鼻や頭蓋骨に伝わるように意識して発声してください。

以上の練習を自然にできるまで、何度も練習しましょう。

マスターすることができれば、ビブラートを上手にかけた歌い方ができる
ようになると思います

ビブラードのかけ方 歌手のビブラートを真似しよう!

a0002_000496
歌手の歌声を聴くとわかると思いますが、多くの人がビブラートを上手に
使いこなしています。

ただし、ビブラートをかけ過ぎてしまうと逆に聴きにくく、よい印象は受けません。
ですから、ほどよいビブラートの使い方をすることが大切なのです。

スポンサードリンク

ビブラートを使っている歌手を見つけましょう。

そして、自分でも歌えそうな声域の曲を選びましょう。

ビブラートの使い方が分からないという人には、このようにものまねから始める
ことが簡単かと思います。

ビブラート練習方法として、ビブラート部分も意識しながら真似をしてみてください。
そうすれば、自分で自然にビブラートが出せるようになると思います。

ビブラートのコツをつかむことが出来れば、色々な曲にも対応することが
できるので、頑張ってマスターしましょう。

勿論、ビブラートの練習方法として、腹式呼吸がしっかりできるようにする
という事も頭にいれておく必要はあります。

腹式呼吸が出来るようになって、ビブラートを使った歌手の真似をすると
意外にも簡単にできると思います。

ビブラートを使っている歌手の中でもよく知られているのが、森山直太朗さん
や西川貴教さん、河村隆一さん等があげられるかと思います。

彼らの曲を歌いこなせるように練習してみてください。

ビブラードのかけ方を意識すると逆効果!

ビブラートを出せるコツを覚えれば、歌も上手に聴こえるものですから、
是非マスターしたいと思うはずです。

ビブラートというのは、腹式呼吸など歌の基本をしっかりマスタすること
によって、自然に出すことが大切です。

顎などを振わせすぎてビブラートを出しているように歌っている人もいますが、
これはビブラートとは呼べません。

どのようなビブラートが良いビブラートといえるのでしょうか?

熟練された歌手の場合は、ビブラートのコツが見に身についているので、
とても自然にでる為、聴いている側もとても心地よく聴こえるはずです。

また、ビブラートの中には、ちりめんビブラートというものがあります。

このちりめんビブラートというのは、とても細かく痙攣するような感じのもので、
とても不安定感があります。

このようなビブラートというのも、良いビブラートとはよべません。
また、ビブラートを出すことばかり意識して、上手にコントロールできなけれえば、
これも意味がありません。

それと、どのような場面でもビブラートを使いすぎるのも問題です。
ビブラートが必要でない箇所でも使ったりしないようにしてください。

確かに、ビブラートというのは、上手に使えば歌が上手く聴こえるので是非活用
したいのですが、一つ間違えば逆に聴きにくい感じになってしまうので、注意しましょう。

まとめ

いくつかのビブラードの練習方法を紹介しました。ビブラードをよく多用して
いる歌手を見つけてマネルというのはぜひやってみてください!
面白いので自然と上手になっている場合もあります。楽しくないと歌では
ないのでぜひやって見てください!

スポンサードリンク

“ビブラードのかけ方、横隔膜を使って、歌手のマネを意識した練習方法!” への1件のコメント

  1. たかし より:

    西川貴教さんはちりめんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です