歌がうまくなる発声、高音、ビブラード練習方法でデートもバッチリ!

スクリーンショット 2016-07-03 22.41.09

彼女と初めてデートする時にどうしてもうまく歌を聴かせたい!
そんなカラオケデートの男子のために歌がうまくなる発声方法、高音の出し方、
心を酔わせるビブラードテクニックを紹介します!
クリスマス、ハロウィンなどデートでカラオケは当たり前しっかり練習しよう!

スポンサードリンク
  

歌がうまくなる発声方法を公開!

歌がうまくなる発声の基本を学ぶという事は、歌を上手く歌うためには
欠かすことができません。

歌をうまく歌う為には「呼吸法」「姿勢」です。

腹式呼吸がしっかり行えるようになったら、どのように声を
前に出すようにするかという事でしょう。

発声のトレーニングを行う際には、まず発声のメカニズムを
把握する必要があります。

発声するという事は、私たちは当たり前のように行っています。
この声というのは一つの楽器でもあるのです。

そこで、まず発声のメカニズムを行いましょう。

空気を肺で吸い吐き出しながら、声帯を振動させて音を出します。
その音を共鳴させる事で「声」というものに変えていくのです。
出された声をハッキリと発音しながら喉を開いて発声していくのです。

発声練習として知られているのがボイストレーニングです。

このボイストレーニングで行うものとして
「あ・え・い・う・え・お・あ・お」を繰り返す方法があります。

一見簡単に思いますが、ハッキリと発音しながら発声するという事は
意外にも難しいものなのです。

この練習をとにかく繰り返して、慣れてきたらテンポを
早くしていきましょう。

この練習方法は、発音練習でもありますが、口の周りの筋肉をほぐすために
必要なものなのです。

歌を上手に歌う為には必ず行いましょう。

口の周りの筋肉が緊張していては高音域の声などが上手に出すことが
出来ませんから声域が狭くなってしまいます。

ぜひ、歌の練習をする前には軽いストレッチとして行ってみてください。

歌がうまくなる高音の出し方を公開!

高音部以外であれば、問題なく気持ちよく歌えるけれど、
高音部になると声がかすれて出なくなり、せっかく調子よく歌っていたのに
台無しだったという経験はありませんか?

また裏声を使って高音部を出しても、うまく音程がとれずに
困ってしまったという事はありませんか?

それでは、どうすれば高い音をスムーズに出すことができるのでしょうか。
高音部になると喉にどうしても力が入ってしまいます。

スポンサードリンク

結果、声帯を締めることになり、高い声がでなくなるのです。

まずは、声帯の力を抜く為にもリラックスする事が大切でしょう。
次に吐き出す息の量ですが、少しずつ出すようにしましょう。
そして「イ行」の発音をハッキリするように注意しながら声を出すと、
きれいに高音部が聞こえるようです。

歌う時の姿勢というのも重要になります。

決して頭を下に向けないようにしましょう。
歌手の歌っている姿を見るとわかると思いますが、高音部を下を
向いて歌っている人はいないと思います。

なぜ下を向いて歌うと高音が出ないかというと、声帯や喉を圧迫してしまうからです。
高音部の多い曲が歌えるというのは、歌が上手い人でなくては
歌えないと思われています。

ですから、ぜひマスターして高音部の多い曲でも抵抗なく上手に
歌えるようになりたいものです。

高音部分をマスターしたら曲のレパートリーも増えるので
彼女にもカッコよく決めることができはずです。

歌がうまくなるビブラードテクニックを公開!

ビブラートというのは、波を打つように震わせて歌う方法の事をいいます。
このビブラートを使いこなすことで歌がうまく歌う事ができますし、
デートでもバッチリ使えます。彼女のハートを震わせることも。。。

上手に使う事が出来れば、声量がなくても綺麗に聴こえるものです。
プロの歌手の人達もこのビブラートを上手に使いこなしています。

しかし、どのようにすればよいのか分からないという人もいるかと思います。
ここでは、誰でも出来るビブラートの歌い方の練習方法をご紹介しましょう。

ビブラートというのは音程とは関係がありません。

まず、2つの音をつなげた状態で発音してみましょう。

「ア」となる2つの音を交互に発音してください。
ゆっくりとした発音から始めて、徐々に早くしていきましょう。
2つの音と分からなくなるくらいスピードが速くなれば、
自分でも綺麗なビラートになっているのが分かります。
音階移動が違和感なくスムーズに行なえるようになれば
大丈夫です。

自分なりの音の波というのは、それぞれのスタイルや歌いやすい方法で
よいと思います。

自分が真似したいと思う歌手の歌声を聴いて、どの部分でビブラートが
きいているのか?という事を見つけて歌の練習をするのもよいでしょう。

これに声量が加われば、かなり歌が上手く聴こえるので「上手い」と
周囲に言わせることができると思いますから是非頑張ってみてください。

まとめ

以上がカラオケデートでカッコよく歌うためのテクニック集でした!
ぜひ日頃からちょっとでもいいので練習してみてくださいね!
それでは、成果を期待しております!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です