歌がうまくなる歌い方、リズムの取り方、音痴が解消する方法伝授!

どれだけ歌を練習しても独学で歌がうまくならない方必見です!
ここでは歌が上手くなる歌い方やリズムの取り方、そして誰もが気になる
音痴の解消方法を教えます。
これで婚活、飲み会のカラオケパーティの人前で歌が歌えますよん!

スポンサードリンク
  

歌がうまくなる歌い方を教えます!

スクリーンショット 2014-12-10 16.11.49
歌がうまくなりたいと思っている人は多いと思います。
もちろん、歌の練習をして歌う事が出来れば問題なくうまく歌う事ができるでしょう。

しかし、歌の練習にプラスして上手な歌い方というものがあるのを御存じでしょうか?
うまく歌う方法を習得することが出来れば、自信もつくのではないでしょうか?

うまく歌う方法として重要なものとして一番重要なのは「声量」でしょう。

勿論、音程やリズム感はしっかりとマスターした上で、声量にも一番力を
入れてほしいと思います。

なぜかというと、声量が大きいと聴いている側も迫力を感じいますし、
上手だと思うでしょう。

バラードを歌う場合でも同じです。
声量があって優しい感じで歌えば聞いている側もグッとくるでしょう。

他にも雰囲気や感情を表現する事も大切です。
詩の内容を理解して歌い、声の強弱をつけながら歌えば自然と感情を
表現しながら歌う事ができます。

どのように強弱をつければよいか分からないという人は、歌っている歌手を
真似してみる事から始めるのもよいと思います。

また、自信を持って歌うという事も大切でしょう。
自信を持って歌うという事は、聴いている側も安心して聞くことができますし、
声も前へ伸びるので上手に歌えるようになります。

歌う姿勢というのも大切です。
下を向いて歌うと声というのは絶対に伸びません。
必ず、前を向いて背筋を伸ばした状態で歌ように気を付けましょう。

歌がうまくなるリズムの取り方はこれだ!

歌を歌う際に、リズムが上手に取れないためにうまく歌う事ができない
という人も多いのではないでしょうか?

そのような方は、無理をした選曲をしていませんか?

しかし、アップテンポの曲も歌えるようになりたいと思っている人も多い
と思います。

その様な場合は、ボイストレーニングの教室などに通う事をお勧めします。
ボイストレーニング教室でのレッスンには、リズム感を養うものが
組み込まれているので、必ずリズム感が良くなるでしょう。

ボイストレーニング教室ではシンセサイザーやドラムなどを使って
リズム感のトレーニングを行なっているようです。

リズム音痴を自宅でも治す方法があります。「メトロノーム」を使った方法です。

スクリーンショット 2016-06-30 14.47.03

スポンサードリンク

自分が歌いたいと思っている曲に合わせてメトロノームをセットしましょう。
そして、メトロノームのリズム音に併せて体でリズムをとってみましょう。

リズムを取ることができるようになったら、次は歌ってみてください。
最初は歌いにくいと思うかもしれませんが、慣れてくると自分の体で
メトロノームのようにリズムを取ることができるようになるはずです。

日常的に様々なジャンルの曲を聞いて、意識してリズムを取るようにしてみましょう。
次第に曲を聞けば体でリズムを取るようになってくるはずです。
このように、リズム感というのは頭で覚えるものではなく体で覚えるものです。

歌がうまくなる音痴解消法とは?

ピアノ演奏
歌を上手に歌う為には、音程がズレていては話になりません。
音程がズレてしまうと音痴だと思われてしまうため、人前で歌う自信も
なくなってしまうでしょう。

この音程のズレに自分で気づく事ができるタイプの場合は、
直して歌が上手くなる可能性は十分にありますが、自分で気づいていない
場合は難しいかもしれません。

ここでは、自分でもできる音程のズレを直すボイストレーニング
ご紹介します。音痴とはもう言わせません!

「あ」という発音を上げ下げしながら発声しましょう。
その時、消防車のサイレンを聞いてみてください。

そして、自分の頭の中でなっているサイレンの音を真似しながら
発声してみましょう。

とても単純に感じる練習ですが、これが意外と難しいのです。
消防車のサイレンなどは微妙な音の上げ下げによって作られているので、
その通りの音を確実に拾うという事は難しく感じると思います。

しっかりを音を耳で聞くことができなけば、同じ音程を拾う事はできないでしょう。

微妙な音程をつかめるようになるという事は、喉の筋肉がスムーズに
動くようになってきたという事なので、実際に歌を歌った場合でも
驚くほど音程を自分でつかむことが簡単にできるはずです。

そして、今までなら「もう少しだけ高い音をだしたい」と思っていた音も
出せるようになるでしょう。

耳で聞いて正確に発声することができるというのは、
歌をうまく歌う上で基本的な事なのです。

まとめ

やはりカラオケで歌が上手い人を見ていると、声量がある人が多い気がします。
声量を意識することは、歌をうまく歌う上でとても重要です。
以前に肺活量を鍛える記事を書いたのでこちらと合わせて実践してみると
いいかもしれませんね!⇨肺活量を鍛える!

また、リズム感は、どうしてもボイトレ教室に通いたくないのならメトロノームで
リズム感を養うことをおすすめいたします。
アップテンポの曲が苦手な人には効果大の練習方法です!

みんなの前で聴かせる歌を歌っているつもりが、ジャイアン見たいになって
いたら不快感だけの印象が残るので、ぜひ記事の内容をよく読んで実践
してくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です