花粉前線到来!花粉症で鼻の周りが痛い!どうしたらいい?

4a41e1d68d64c94190e2575c0c0b3013_s
花粉の季節がやってきました。この花粉前線到来に向けて予防して
おかないと大変なことになると思います。ここでは、特にお鼻の痛み
がひどくなる方に予防方法を紹介いたします!

スポンサードリンク

花粉症で鼻の周りが痛くなる人の予防法を教えます!

花粉症の季節が少しずつ近づいてきました。
一般的に本州でのスギ花粉は1月下旬から飛び始めると言われています。

この花粉が飛び始める2週間くらい前からの治療が最も効果的(初期治療)
とされていますので、花粉症で毎年困っているとい花粉症で鼻の周りが痛い!
どうしたらいい?という方は、ご自分の生活スタイルに合わせて対策を練るのが
良いと思われます。

 

この初期療法を始めていると、発症の時期を遅らせることができたり、
症状を和らげたり改善したりすることができます。

お仕事で忙しくてなかなか病院に行けないという方もいるかと思いますが、
できるだけきちんと病院に行っておくことで、後々の普段の生活が楽になって
結果的に仕事がはかどるようになりますので、できるだけ行っていく方が良い
でしょう。

もしも、初期療法をきちんと行っていても、鼻水が止まらない苦しさを味わって
しまうこともあるかもしれません。

鼻をかみすぎて鼻の周りが赤くなって痛くなったり、肌が荒れてカサカサになって
しまうのは恥ずかしかったり、出かけるのが億劫になったりするものですよね。

 

こういう時は、ワセリンがよく効きます。

スポンサードリンク

 

ステロイドが入っていないので治すという効果は低いのですが、
肌を守る効果はとても高いです。

皮膚科でアトピーなどで受診してもお医者様から処方されるくらいの物です
ので、安心して使用することができます。

ワセリンは少しベトベトしてしまいますが、色が透明なので塗ってもあまり目立
たないのが嬉しいところです。

花粉症の鼻周りの予防に効果的なワセリンとその他の予防法は?

ワセリンもいろいろ種類があります。

白っぽいものや少し色がついたものがあります。
不純物を徹底的に取り除いたものや、ベタつきの少ないもの、光などの刺激
に強く長期保存に向いているものなど様々です。

ご自分のお肌に合わせて、気に入ったものを選んでみてください。

その他にはオロナイン軟膏やアズノール軟膏といった、炎症を抑えてくれる
軟膏が効果的です。

どれも、顔の周りにつけても安心の薬ですので、薬局や皮膚科で相談して
みてください。

その他には、ココナッツオイルもオススメです。

肌を保護する役割と治す働きがあります。
鼻だけでなく顔全体に塗っても冬の乾燥からの守ってくれる優れものです。
低温圧搾しているものがココナッツの成分を多く保っているので特にオススメです。

有機栽培オーガニックのココナッツオイルはこちら

ただ、ココナッツの香りが甘いので、もしかしたら好みが分かれるところかも
しれません。

他には馬油があります。

こちらは皮脂に近い油ですので、肌との相性が良く浸透力も高いのでオススメです。
鼻が痛い時には、さまざな薬やオイルがありますのでいろいろ試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です