今すぐ実践!花粉症シーズン気になるマスクでのメイク崩れ防止策!!

cd64c6fdf6a5966dca1cfddaf5f51a3d_s

花粉症のシーズン到来!そんな時期、女性の悩みと言えばマスクによる
メイク崩れ。
ただでさえ涙目や鼻水などの症状でお化粧のノリも悪いのに、ますます顔は
ぐちゃぐちゃに…。

さすがに一からお化粧直しをしないといけない状況になることもしばしば
ありますよね?

でも仕事の合間だと時間もないし、何より化粧落としからまたするなんて面倒!
そんな時、ぜひ実践してもらいたい方法が実はあるんです!

 

とにかくみなさんがまず一番気になるのが全体的なファンデーションの崩れだと
思います。

 

そんな時試してもらいたいのが、化粧後のルースパウダーやフィニッシュパウダー
を多めにはたいておく方法!

これだけでも摩擦による化粧崩れをだいぶ減らすことができます。

 

でもこの方法だとどうしても化粧が濃くなりがちという難点もあります。
ナチュラルメイクしかできない職場などでは困りものですよね。

そこでおススメしたいのが、マスクの化粧した肌に当たる部分に直接
ベビーパウダーなどをはたいておく方法!

 

これなら化粧が濃くなる心配もありませんし、
ベビーパウダーがクッションの役割を果たしてくれますので摩擦による
崩れも防止できます。

スポンサードリンク

 

またムレや湿気が原因でお化粧が崩れてしまうこともあります。
そんな時はリキッドファンデーションではなく、化粧崩れ防止効果のある
下地プラスパウダーファンデーションを薄くのせる方法で乗り切りましょう。

 

それから、パンダ目になりがちなマスカラや目の下にクマができたようになって
しまうアイシャドウなどのアイテムはウォータープルーフを使用するのが鉄則!

f7768ad936467ab0354f5aec0652a9ec_s
アイシャドウやチークなどは湿気に強いクリームタイプのものを使うのも
おススメです!

特にアイシャドウは色にも注意して下さい。

 

崩れが目立ちやすいブルーなどの寒色系カラーはやめて、ベージュやピンク系など
の崩れが目立ちにくい暖色系カラーに切り替えておきましょう。

また同じく滲みやすいアイライナーはペンシルタイプより、滲みにくいリキッドタイプ
をセレクトすれば安心です。

全体的なファンデーション崩れ防止策と併用すれば、より化粧崩れの不安は軽減
されますよ。

最後にマスク自体も大きすぎるものや窮屈すぎるものはやめて、自分の顔の大きさ
にあったサイズを選ぶのが基本。

また化粧崩れしにくいものも販売されていますので、メイク崩れ防止策と合わせて
使うと効果UPです!

花粉症のシーズンにいつも困っているなら、ぜひすぐに実践してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です