花粉症状でコンタクトが使えない!そんな時にはこんな対策を!

151fc93cfd5da17c781205fbc2f9b069_s

花粉症の症状はくしゃみや鼻水などの鼻症状がよく聞かれますが、
それに次いで多いのが目の不快症状です。特にコンタクトをしている
人は、この季節はツライと思います。ここでは、屋内、屋外での対策
方法を紹介します。

スポンサードリンク

花粉症時期!屋内でコンタクトしている人の対策!

花粉症時期のコンタクトは、目頭のかゆみや眼球の充血、涙目などが
起こり、目がしっかり開けられないというほどになってしまうこともあります。

そんな時、一番困るのはコンタクトレンズを使用している人です。

目にトラブルがあるとレンズはとても入れにくく、何とか装着することが
できても、涙で目がショボショボしてしまうとずれてしまったり、取れて
しまったりすることもあるのです。

そのため花粉の飛ぶ季節にはコンタクトが使えないという人も多く、
「仕方なくメガネ」という選択をしている人も少なくありません。

しかし、しっかりとした対策を立てれば花粉症の人でもコンタクトを使う
ことは可能です。

就いている仕事の内容や勤務の場所にもよりますが、いろいろな方法
があるので自分に合った方法を選んで実行してみましょう。

例えば、仕事がデスクワーク中心でオフィスの中で仕事をする人の
場合は接する花粉の量が少ないので、通勤中などの外に出る時の
対策だけで十分な場合があります。

スポンサードリンク

オフィスの外にいる時だけ花粉対策用のメガネやマスクをつけること
により、花粉が目や目の周りにつくことを防いで症状の出現を防ぐのです。

もちろんオフィスの中にも衣服についてきた花粉が飛んでいることも
ありますが、接触する花粉量を減らすことで症状の軽減が期待できます。

この方法を成功させるポイントは必ずマスクを併用するということです。

鼻症状がない人の場合、マスクは暑苦しいので使いたくないと思う
かもしれませんが、顔に花粉がつくと顔を触った時などに目の周りに
花粉を運んでしまう場合もあります。

できるだけ外では顔をガードして物理的に花粉に触れる機会を
減らす努力をしましょう。

花粉症時期!屋外でコンタクトしている人の対策!<

一方、仕事の場所が屋外中心の場合には常に花粉にさらされること
になりますから、屋内にいる人よりも厳重な対策が必要です。

目の不快症状を出ないようにするためには、先に述べたメガネや
マスクを使った方法に加えて目薬などの医薬品を使うことも検討
してみるべきでしょう。

症状が軽ければ市販薬でも対応できますが、症状がひどい場合
や市販薬が効かない時には病院を受診して医師からの処方を
受けるべきです。

アレルギー対応薬は症状が出始める前から使い始めると効果が
高いとされていますので、毎年目の症状に悩んでいる人はシーズン
前に対策を考えて快適に過ごす方法を考えるようにしましょう。

まとめ

コンタクトレンズをしている人は、屋内といえども目がショボショボ
したりして大変な経験をしたことがあるかと思います。
ぜひ上記の方法を参考にして花粉症のシーズンを乗り切って下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です