花粉症の予防注射!ノイロトロピンとステロイドの効果は?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

花粉症の季節になると鼻がムズムズ、涙が止まらないなどお仕事や
生活に支障をきたすようになる人が多いです。花粉症を極力抑える
ためにノイロトロピンやステロイドの予防注射をする人も多いのでは?
ここでは、予防注射に不安な方もいるので良い点や副作用に関して
紹介します。

スポンサードリンク

花粉症に待望の予防注射?ノイロトロピンの効果とは

花粉症を予防することができる薬にはいくつか知られているものが
ありますが、身体への負担が大きかったり、眠気を起こしてしまったり
する副作用が問題になりがちでした。

副作用が少ない予防注射として注目されているのがノイロトロピンです。

予防としてだけでなく、症状が発症してしまってからでもくしゃみや
目のかゆみ、鼻水や鼻のかゆみなどを抑えられると言われています。

「効果がある」と言われているというレベルなのは、効果が発揮される
メカニズムが明確に証明されているわけではないからです。

もともとノイロトロピンは疼痛の治療薬として開発されたものであり、
脳から末梢に向けて伸びている神経のうちで疼痛を抑制するものを
活性化することで痛みを和らげる効果を発揮します。

これが直接花粉症の発症予防や症状の緩和に効果をもたらすと
考えるのは難しく、他のメカニズムで働きかけていると考えるのが
妥当であるというのが現状の理解です。

解熱鎮痛剤として用いられる場合もあるものの、基本的には炎症を
抑制する作用は強くありません。

花粉に対するアレルギー症状として発症する花粉症に対して有効
かと考えると判断は難しいと医学的には言えるため、治療のために
保険適用で利用することはできないのが実情です。

 

しかし、実際に予防や治療の目的で注射した人に改善が見られる
場合があることから利用が進められてきています。

有効性が医学的に示されている他の薬の場合には誰にでも多かれ
少なかれ効果があるものの、ノイロトロピンの場合には効かない人には
全く効かず、効く人には高い効果があるのが特徴です。

 

実際に自分の場合にはどうかと考えて試しに予防注射を受けてみる
のが賢明な判断でしょう。

スポンサードリンク

ステロイド注射は1回で花粉症に効くって本当?

花粉症治療で注目されているステロイド注射は鼻水などの辛い症状を
抑えたい、予防注射的な意味合いで使いたい人が急増しています。

タクシーやバス・トラックの運転手をしているとドアや窓を少しでも
開けた時に鼻水やくしゃみが止まらなくなり運転に支障が出て心配
な方も多いはずです。

くしゃみをした瞬間に事故を起こすかもしれない経験をした運転手も
いると思います。

一度注射すれば、その後投薬などの治療の必要がない上に
眠くなりにくい点は運転を仕事にしている人にとっても福音かも
しれません。

 

ではステロイド注射について詳しく考察していきましょう。

費用は健康保険適用外で、異常を起こしている免疫機能を
一度正常に戻す仕組みです。

しかしアレルギー性湿疹治療で肌に塗ったり鼻炎治療で内服する
よりも、直接血管に注射する事で体内に高い濃度が入るため
副作用が強めに作用しやすい点があります。

女性は月経に影響が出たり、糖尿病など基礎疾患があったり風邪
などで投薬治療を受けている患者に多く副作用が報告されており
注意が必要です。

月経に影響するイコール妊娠にも影響しますので妊活中の人は
避けた方が良いでしょう。

 

基本的な効果持続期間はワンシーズンですが、毎年注射している
人もいれば1回注射した以降症状が出なくなった人もいます。

花粉症治療には他にヒスタミン注射や減感注射と呼ばれる
花粉エキスを薄めた液体を注射する方法もあり、ワンシーズンで
数回注射しないといけません。

しかし回数が多い分副作用の心配は少ないです。

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

いずれにしてもキチンと医師からメリットデメリットを説明してもらい、
納得した上で注射しましょう。

ステロイドは怖いと言うイメージばかりに囚われず医師から説明を
受けて治療方針を決めていきます。

 

まとめ

花粉症の予防注射を受ける時は、少しでも花粉症が緩和すれば
嬉しいですが、くれぐれもメリットとデメリットを医師と相談して
受けることをおすすめします!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です