お年玉はいつまであげる?小学生のお年玉相場は?親戚の子供にあげるの?

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

新年になると近所づきあいや親戚づきあいで悩むのがお年玉のことです。
日本のお年玉は、いつまで?何歳まであげるのか?そして小学生のお年玉の
相場はいくらあげればいいのか?さらに自分の子供にお年玉をくれない
親戚の子供にお年玉をあげるべきなのか?ここでは、気になるお年玉に
ついて紹介します。

スポンサードリンク
  

一番は相談する事!お年玉を渡す年齢はいつまで?

87e720a9bcb9a544f634c1fd66ac91ec_s

お正月の悩みの種の一つにお年玉があります。

「何歳になったらお年玉卒業なんだろう」

「私はいつまでもらっていたっけ」など

親戚のお子さんにあげる時に悩んでしまいますよね。

一般的には、大人のボーダーラインである「大学生まで」
「20歳になったら」という意見が多いです。

大人になって自分でお金を稼げるようになるのだから、
お金を稼ぐ大変さを身に染みてわかってほしいという考えや、
大人として認めてもらえた証としてあげないなどという
気持ちがあります。

また、親戚に高校生くらいのお子さんがいるのであれば、
親戚と相談して、お年玉をいつまであげるのか決めておく
と良いでしょう。

また、赤ちゃんにあげる場合は、本人がまだお金の価値を
知らないので、おもちゃやお菓子をあげる方もいますし、
親に1,000円程度渡す方もいます。

また、赤ちゃんがいる家庭同士だと、お金をあげても同じ額を
貰う事になってしまい、ほとんど意味のない物になってしまうので、
こういった場合も、親戚同士で相談して何歳からあげるか、

それとも毎年おもちゃをあげるかなどを決めておいた方が
困らなくてすみます。

いくらぐらい?小学生へのお年玉相場

初めて親戚の小学生にあげなければならないといった時に
いくら位包めば良いのか迷ってしまうという方は少なくないでしょう。

親戚同士で一律で金額が決まっているのであれば迷う
ことはないですが、そうではない場合はどうしたら良いのでしょうか。

まずはあげる対象となる小学生の年齢を考える必要があるでしょう。

スポンサードリンク

1年生と6年生では当然金額が変わってくるものですし、
多くあげれば良いというものではなく年齢なりの金額にして
あげることが大切です。

親戚の子供の場合ですが、低学年の場合であれば3000円ほどが
相場と言われています。

4年生くらいまでは3000円から5000円程度で、
5年生以上の高学年になったら5000円以上
といった形で
年齢によって徐々に上げていくという形で良いでしょう。

お年玉は専用のポチ袋に入れて渡すのが基本となりますが、
その際ポチ袋の左上辺りにあげる相手の名前を書いておくことも
忘れずにしておく必要があります。

これらはあくまでも相場になりますので、立場や人数などによって
どうしたら良いのか夫婦で相談したり、両親に聞いてみたりすると安心です。

ケチな親戚の子供にお年玉をあげるべきなのか?

お年玉で悩む人の中では、親戚づきあいで悩む人が多いようです。
特に親戚の子供にお年玉をあげるかどうかです。

親戚の子供には、あげているのに自分の子供にお年玉をくれない
そんなケチな親戚がいる場合は、お年玉をあげるかどうか?

本当に迷うと思います。

もし、そのようなケチな親戚がいる場合は、
その親戚の子供にお年玉をあげなくても基本大丈夫だと思います。

なんだかんだ言ってもお年玉は、親同士の付き合いの一環なので
基本、ケチな親戚の方が、悪いのでお年玉をあげる必要はありません。

ただ、どうしても気になる場合は、お年玉を準備しておきましょう!
もしかしたらお年玉をくれるかもしれないからです。

お年玉を持ってなかったらこっちが格好悪いですからね!

けっきょくケチな親戚がくれない場合は、親戚の子供に

「今年はお年玉忘れた!』とか言ってあげなくてもいいでしょう!

常識がないのは、先方なのですから。

まとめ

お年玉って子供の時は、嬉しかったですが、子供ができて自分が
お年玉を他人の子供にあげる時になると人間関係や習慣も絡んでくる
ので、けっこう悩ませてくれます。
ぜひ、上記の記事を参考にしていただき楽しい新年を迎えて欲しいと
思っています!

(関連記事)
七草粥の本当の意味、美味しい作り方、むくみも解消できるってホント?

おせち料理の意味と三つの基本料理の作り方、喪中に食べてはいけない?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です